読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーナスステージへ進む前に。

社会不適合者(20代♂)の日記だよ。主に音楽とラジオの話題。

本当は怖いWBC

2017の幕開け

WBCが開幕した。野球ファンとして、そして平野佳寿投手が好きなオリックスファンとして楽しみだ。

ただ、「twitterとかのSNSで実況しながら見たい…」とはあまり思えない。「自分のツイートばかりがTLに並んで、野球ファン以外のフォロワーさんを困らせるから」ということではない。「優しい」と思っていた人が豹変する瞬間を、目の当たりにしたことがあるからだ。

 

2013の回想

前回のWBC山本浩二監督をはじめ、コーチ、選手へ、容赦ないバッシングが送られた。「日の丸」を背負って、戦ってくれたのに「戦犯」とは。あんまりだ。

アホみたいな極論にはなるけど「日本人なのにマウンドに韓国の旗を立てる」ような、日本の恥になるような行為をしたら叩かれて当然。ただ、それぞれが全力プレーをしている上で叩かれているの見るのは、本当に辛い。

 

話題に出すと荒れるアレ

野球というスポーツの特性上「たられば」でモノを語る人も多く出てくる。

  • あの投手をもう1イニング投げさせておけば…
  • 2ストライクから1球外しておけば…
  • 四球覚悟でフォークを投げておけば…
  • あのヒットで2塁ランナーをホームに突っ込ませれば…

あげればキリがない。そういう、「たられば論」を声高らかに言える人は、一周回ってすごいと思う。

ある程度野球を経験された方や、贔屓球団の選手のことをよく分かっている熱狂的ファンの発言なら、それなりに納得できると思う。それと、言い方も「ああした方がよかったけどな~…」くらいだったら、特になにも思わない。

でも、観戦オンリーの未経験者・かつライト層の人間が「○○使うとかバカか?」「××出さないとか死ねよ」などと、口汚い言葉で堂々と言い放ってしまうのは…。「アンタの持論に対するその自信、どこから出てきてんの?」と感心してしまう。

そして、自分の意見を過信しすぎた結果、それにそぐわない采配・結果・異論を見かけた瞬間、鬼の首を取ったかのように批判する。怖過ぎ。思考の地獄だ。

 

2017年は平和に過ごしたい。

2013WBCの地獄を、以前の使っていたtwitterアカウントで目にしてきた。この一件がきっかけで、自分から交流を閉ざした方もいる。

今のアカウントは昨年に取得したもの。TLの皆さんが豹変しないことを祈りたい。優しい方ばかりなのでそこまで心配はしてないのだけれども、心配してない時に起きるショックほど心に来るものはない。その現場に遭遇したら「ミュート機能」を使えば済む話ではあるのですけれども…。人間の暗部、「怒」を見るのが怖いんですよ。

一番は優勝して、みんなで感動したいなあ。日本代表の皆さん、頑張って。平野投手、頑張って。なにも言わず信じます…。

ひとの顔色を見ること

「顔色を見る」のはプラスかマイナスか

僕の自覚しているダメな所として、「相手の顔色を見過ぎてしまう」というものがある。

 

小さい頃からそうやってやり過ごしてきた。家族が特段厳しい、という訳ではなかった。でも、「優しかったからこそ怒った時が怖い」という反動があったのかもしれない。だから今までの20数年間ずっと、怒られないように人の顔色を見つつ生きてきた。

 

こういう生活をしていると、「自分が自分なのか」時たま分からなくなる。今自分が持っている意見・持論・価値観が、自分の本心からのものなのか。それとも、人から共感されるため、裏返せば批判されないがために持っているものなのか。「自分の声だ」という自信が急に持てなくなったりする。マイナスの意見を受け付けないがために自分を出していかないチキンだ。

 

ただ最近は、「この欠点も長所になるのかな」と思えるようになってきた。

 

有吉弘行さんの「嫌われない毒舌のすすめ」という本の中に、「本当の自分なんていない」という一節があったのを思い出す。人の眼に映ったその姿が自分であって、「本当の自分を理解してくれない!」とか嘆くのはバカだ、みたいなことが書かれていたと思う。

よく周りの人から「優しい」と言われる。本当はただの小心者だ、と言ってやりたいけれども、その人から見た僕が俗に言う「本当の自分」だったとするなら。それは本当に嬉しい。

 

「顔色を見て生きてきたチキン」という存在が、虚像であればこれ以上のことはない。

スター名鑑が終わってしまった。

クイズ★スター名鑑

「クイズ★タレント名鑑」の流れを引き継いだバラエティ番組。TBSの日曜19時に放送していた“クイズ番組”の体をなした何か。普通のクイズ番組では考えられないシステム(予約制度、司会者が答えを、優勝チームに商品が無い週もある…)に、出演者の容赦ない悪意が飛び交う、トンデモ番組。僕はこの番組が大好きだ。

 

先日。

 終わってしまった。

 

色んなSNSの意見を総合すると、今回のスター名鑑は賛否両論だったみたいようで。ただ、少なくとも僕は毎週日曜を楽しみにしていた。正確に言えば隔週か。末期のオモクリ監督並の放送頻度だったけれども。

ひとつ心残りがあるとすれば、「検索ワード連想クイズ」が復活後1度しか放送されなかったことぐらいか。あのクイズでのフジモン・有吉さんのキレッキレ具合が至高。何時間でも見られるくらいのクオリティ。それだけに、一悶着おこした上杉隆が憎い。

 

また、ゾンビのように復活することを祈る。"悪意"は簡単には死なない、と信じている。

 

 

こだわり

アンテナをどの方向にも飛ばしているのが尊敬できる。すごい。