読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーナスステージへ進む前に。

社会不適合者(20代♂)の日記だよ。主に音楽とラジオの話題。

怖い映像より怖い話の方が“じんわり”する

●じんわり恐怖と驚愕恐怖

僕は、2chまとめの怖い話スレを読むのが好きだ。

哲学ニュースさんあたりがまとめているやつ。

読んでいるだけで2~3時間は軽く過ぎてしまう。

 

読んでゾワーッとくるものがあり、

えげつない描写が出てきて後悔するときもたまにはある。

それでも見てしまう。

一種の麻薬みたいなものだろうか。

 

逆に、“怖い動画”は本当に苦手だ。

音声アリならではのゾクゾク感がたまらない、

という方も多いと思う。

それでも嫌いな理由として

「驚愕」させる恐怖が動画には付きまとう。

 

  • 突然の女性の悲鳴
  • ショック画像のカットイン
  • 突然の大音量

 

まあ、ブラクラの影響バチボコ受けてますね。コレ。

 

 

●活字の恐怖

上で書いたような驚愕させる恐怖は

怖さの本質ではない、と僕は思っている。

 

それよりも、「活字の恐怖」。

文字オンリーという縛られたステージの上で

いかに人の心を怯えさせるか。凍えさせるか。

そのゾクゾクがたまらない。

 

創作のものが多い、というかほとんどがソレなんだろうけど

分かっていても怖い話スレを見てしまう。

 

ただ、結局のところ

“時間が盗まれている”のが一番怖いのかも。