読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーナスステージへ進む前に。

社会不適合者(20代♂)の日記だよ。主に音楽とラジオの話題。

ライヴat東京厚生年金会館の記録

LOST IN TIME

ロスト・イン・タイム ライヴat東京厚生年金会館の記録 | LOST IN TIME Official Website

DVDを、約2年振りに見た。

何度見てもかっこいい。けど、未成年の時に感じたものとはまた別の、かっこいいという感情が沸いてきた。

 

LOST IN TIMEは、僕にとって非常に思い入れのあるバンドだ。中学生の時に、なんとなしに聴いていたSchool of lockで「旅立ち前夜」を耳にして。その時に受けたインパクトは忘れられない。

www.youtube.com

この一撃でトリコになった。

 

まあ、その後で色々検索したんだけども「今のロストはなんか違う」「昔の頃がよかった…」という意見が多く出ていた、バンドとしてネガティブな時期だったらしい。うーむ。

それでも自分はこの曲・この時期を嫌いになれなかった。きくところによれば、サポートギターの三井さんが加入したのをきっかけに音楽性が良い方面に変わり、最近のロストに“昔”のリスナーが戻ってきてるみたい。1枚の失敗で終わるようなポテンシャルじゃない、そんなバンド。

 

DVDには3枚目のアルバム「時計」までの曲が収録。アルバムリリースしたあとだから、時計から多めに選曲されている。このアルバムは好きなんだけど、高校生の僕は「1枚目・2枚目には劣るなあ」と思っている節があった。非常に洗練されて、落ち着いているんだけど、前作の熱さがもっと欲しかった…。昔の自分は、そう感じたんだと思う。

大人になった今、DVDを通してその楽曲たちをあらためて聴く。予想以上に深かった。ビールの美味しさを分かったオトナになった気分だ。噛めば噛むほど味が出る、由緒正しきスルメのようなアルバムだよ。深い。

 

DVD、2周目も聴いてきます。