読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーナスステージへ進む前に。

社会不適合者(20代♂)の日記だよ。主に音楽とラジオの話題。

ショートスリーパーになりたい

「睡眠しない人」が羨ましい。

僕はロングスリーパーだ。

基本、9時間寝ても眠い。「明日は○時には起きよう!!」と思っていても、寝起きはいつもグズグズである。瞼が重過ぎてずっと布団にこもってしまう。気付いたらお昼ってこともよくあったりする。

そんな自分でも、アホみたいにスッキリ起きれる日が極稀に来る。いつもは「ずっと布団にくるまっていたい」と思うんだけど、スッキリ起床の日はそれが全くない。自分でも引いてしまうほど朝から元気に活動できる。そういう日は、基本的に4時間半睡眠もしくは6時間睡眠の時。この琴を知り合いとかに話すと、「じゃあいつもその睡眠時間で起きろよ」と至極真っ当なことを言われる。

ただ、自分でもよく分からないんだけども、4時間半睡眠・6時間睡眠の時は頭が働かないことが多い。まとめると、目が覚めるまで「スッキリお目覚め日」になるか「バチボコ眠気MAX日」になるのか分からない。無駄にギャンブル性の高い睡眠しかできないのです。そんなギャンブル要素いらんわ。

 

ショートスリーパーに憧れる。

自分が思い通りに活動できる時間が多い人が単純に羨ましい。6時間睡眠と9時間睡眠だったら、1日につき3時間も差ができる。3時間。1日の6分の1。radikoのタイムフリー聴取可能時間と一緒。この3時間はデカイ。3時間あったら、音楽聴いてラジオ聞いて曲作ってニコ生見てネタ書いてブログ書いてエロ動画見て水曜日のダウンタウン見て…何でもできるぞ。

だからと言って、睡眠時間を単純に削ったところで同じ生活パフォーマンスができる、とは限らない。その人の適正睡眠時間によるところがあると思う。その「適正睡眠時間」が短い人にずっと憧れている。

 

明日は、ギャンブルスタート決めてみようかな。